まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか【ファンタジー】


 
魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか  作者:いかぽん

「はぁ? 冒険者になるだって? ……お前、正気か?」
 冒険者になるべく努力をしてきた俺に、魔術学院の友人はそう言った。
「お前の成績だったら、学院教授でも宮廷魔術師でもより取り見取りだろ。冒険者なんて、学院で落ちこぼれたやつが行きつく先だぜ?」
「ふむ……親にもそう言われたな」
 だが俺は、冒険者として生き抜く力を身につけるために、これまで努力をしてきたのである。高収入や安定よりも、自由と可能性に満ちた冒険者の生き方に憧れたのだ。
 だから俺は、周囲の反対を押し切り、冒険者の道を歩み始める。

 

 オススメ度 ★★★
 キーワード ファンタジー 現地人 




 冒険者の自由な生き様に憧れた主人公。
 立派な冒険者になるために努力した結果、魔術学院を首席で卒業。
 名立たる就職先を蹴って、予定通りに冒険者になることに。




 魔術学院の主席が冒険者ギルドで強くてNEW GAME……みたいな?
 実力があって慢心もないのにどこか感性がずれた主人公、バランスのいいパーティー、丁寧な進行とこの辺りはいい感じ。
 大雑把な世界観もちょうどいい塩梅。
 けど、
 なんというか出オチ系?
 せっかく売りにしている場違いにSUGEEE的なノリがいまいち活かせていないのが勿体ない...orz
 文章にメリハリが効いてないせいもあるけど、全体的に大人しくまとめ過ぎた感があるかなー。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ レンタルCGI アクセスランキング