まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

いきなり大魔導! ~地主の息子が何故か持ってた魔法の才能で成り上がる~【ファンタジー】【現地人】


 
いきなり大魔導! ~地主の息子が何故か持ってた魔法の才能で成り上がる~  作者:あけちともあき

地主の次男坊にして、長男のスペア。
やたらと長男が健康なせいで、跡を継げる可能性もなく、将来性もなく、おかげで女にも相手にされずに友達もいない、ぼっちのウェスカー。
だが、彼は無駄にポジティブな男だった。

ひょんなことから姫騎士を救ったウェスカーは魔法に目覚める。
特に魔法に関わる血筋でもないのに、異常な程の魔法の才能を見せ始めるウェスカー。
それと同時に、平和だった世界に暗雲がたちこめようとしていた。

復活した魔王の軍勢と、脈絡なく魔法の天才だった男の戦いが今始ま……。
始まる……かもしれない。


 オススメ度 ★★★★
 キーワード ファンタジー 現地人主人公 戦記?




 辺境の村にいた穀潰し(地主の次男)が主人公。
 魔王軍に襲われている姫様(じゃじゃ馬)に出会い、魔法が覚醒。
 流れでそのままじゃじゃ馬姫に仕えるが、
 主人公も大概にアレだったため、周囲は無駄に苦労していくはめに――。
 



 ポジティブというかその場のノリで生きる主人公がいい味を出している作品。
 愛嬌のある馬鹿(主人公)とだんだんと扱いが雑になっていく脳筋姫(ヒロイン)の残念コンビが売りかなー。
 平和ボケした世界観に、シリアスになりきれいない空気感もマッチしていてグッド。

 けど、主人公たちの安っぽいノリが合わないという人も案外多いかも?

 
関連記事
スポンサーサイト
主人公と姫様まわりの設定がちょい違和感感じちゃうなー
地主?村長?の次男で長男のスペアなのになんで教育が中途半端なんだよ。これじゃ何の意味もねーじゃん。スペアとして生かされてるのにスペアとしての性能がないとか何言ってるかまじわかんなかったわ
姫様も第二王女で継承権が低いとは言え一介の村人如きにあの態度と扱いされるって平和ボケ以前に王家の威信なんて無いだろ
[ 2017/09/07 16:36 ] [ 編集 ]
教育して下手に知識を付けさせるとお家騒動の元になる可能性があるので
本当にただのスペアとしか見ていないのなら、教育も最低限レベルってのはあるかなー。

姫様については
3話に下手な貴族より地主が力を持ってると発言があるので、王家は形だけで力がほとんどないっぽい?
[ 2017/09/08 05:13 ] [ 編集 ]
教育が最低限で村の誰とも親しくない状態。そこで長男が死んで次期地主として役目を果たせるかってできないでしょ。これじゃあお家騒動以前に長男が死んだ時点で他の有力者に地主を蹴落とされて詰みっていうスペアの役割が果たせない状況。お家騒動の可能性を0にしてスペアとしての価値も0にするってダメでしょ。母が貧乏貴族だったから血筋として箔がつくから残そうってことにしてもちょっと杜撰すぎる
しかも単純労働力として農奴のように扱うわけでもないし、むしろのんべんだらりと好きに本読んで酒飲んで働かずに生活できてたって…どーいうことなの?

王家が広大に成りすぎた領地に兵を派遣できなくて地主にその分の兵力を持たせた結果、力関係が逆転してるはず。なのに襲撃時に何もいなかった。軍隊が必要ないくらいだから地主も軍隊持ってません、なら徴兵があるだけ王家のが結局上なはずで姫様への態度はおかしくねってなってあばばばっば

主人公の親父と兄貴が馬鹿だったなら全部丸く収まるんだけどね!
主人公の良い意味で頭悪い戦闘シーンは結構好きだった
[ 2017/09/08 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ レンタルCGI アクセスランキング