まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

たとえばお伽噺に出てくるような、そんな魔法使い【ファンタジー】【現地人】


 
たとえばお伽噺に出てくるような、そんな魔法使い  作者:半透めい(旧きなこ軍曹)

僕は周りから変な評価をされることが多い。それも過大評価。襲ってきた雑魚モンスターを倒せば、Sランク指定のモンスターだったとか。適当に魔法を唱えれば、忘れ去られた古代魔法だとか。下位精霊を喚べば、やれ高位精霊だとか。あまつさえ精霊自ら「私は最高位精霊なんですけど!?」とか言ってくる始末。全く、僕がそんなことを信じると思う? ————お伽噺じゃあるまいし。


 オススメ度 ★★★
 キーワード ファンタジー 現地人主人公




 隣国から留学してきた主人公。
 自身は中級魔法が使える程度で周囲から無駄に過大評価されていると考えているが、
 実際は――。
 



 自身を過小評価する主人公が実際は伝説級でSUGEEEE……みたいな?
 日刊ランキングTOPだったので読んでみたけど、

 可もなく不可もなく無難な学園もの。

 ちょっとじっくり進行しすぎな感じはあるかなー。
 まだまだこれからなので、もう少し進んだら再評価する予定。

 ただ字数(4万字)の割には、魅せ場も売りもインパクトもなくなんというか……地味。
 
関連記事
スポンサーサイト
あらすじと紹介だけ見てると賢者の孫と何が違うのかわからんな
[ 2017/08/31 02:36 ] [ 編集 ]
これは隣国SUGEEEEなのか?
[ 2017/08/31 10:19 ] [ 編集 ]
転生要素がないのが一番の違い?
細かいところだと、アイテム開発がなかったりこっちのほうが真面目な雰囲気だったり?
(今のところは

隣国SUGEEEE……ではないハズ
[ 2017/09/01 02:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



ブログパーツ レンタルCGI アクセスランキング